お子さんの歯をむし歯から守りましょう

乳歯は永久歯よりもエナメル質が薄く、むし歯への抵抗力があまりありません。そのため、むし歯にならないためには普段のケアが特に重要。むし歯を治すことも大切ですが、むし歯にならないようにする「予防」はもっと大切なのです。

お子さんの歯をしっかり守るため、「正しい歯みがき方法がわからない」「子どもが甘いものが好きなのでむし歯が心配」など、些細なことでもお気軽に宇都宮の長歯科医院までご相談ください。

お子さんの歯を守るためのポイント

フッ素を使用しましょう

歯の表面からフッ素を取り込み、むし歯になりにくい強い歯(歯質)を作ります。進行してしまった虫歯は自然には治りませんが、初期のむし歯は歯の再石灰化を促すことで治ることがあり、フッ素がこの働きを助けてくれます。

キシリトールを上手に活用しましょう

砂糖入りのガムやアメなどはむし歯を作りやすい食品の1つです。お子さんのおやつのガムやアメなどをキシリトールが入っている製品に代えてみると、むし歯のできる危険性が少なくなります。なぜならむし歯の原因である「ミュータンス菌」の伝播や数を減らすはたらきを持っているからです。しかしキシリトールだけでむし歯予防ができるという考え方は危険です。あくまでも予防を手助けする一つの手段でしかありませんので、歯科医院での定期的な健診がポイントとなります。

食生活の改善

お子さんをむし歯から守るために食生活の改善もポイントの一つです。具体的には「おやつの間食の量を減らす」ことです。なぜならむし歯菌が活動する時に使用する糖分は主に砂糖であり、砂糖を含んだお菓子の間食をやめればむし歯菌が活動しにくくなるからです。
また、お菓子の量を減らすだけではなく、お菓子の間食の回数を減らすこともお子さんの食生活の改善のポイントといえます。理由はお菓子の間食にかぎらず、人間が食事をすると口の中が酸性になるからです。酸性の状態は歯が溶けやすくなるため、むし歯の原因となりやすいのです。ですから「間食の時間はきっちりと守る」ということが大切です。

だ液でむし歯のなりやすさをチェック

「歯みがきをしていれば大丈夫」「甘いものを食べなきゃ安心」ではありません。むし歯予防は ”だ液検査” でむし歯のなりやすさやむし歯の原因でもある「ミュータンス菌」や「ラクトバチラス菌」の数を調べることが重要です。
だ液には食べ物を洗い流し、むし歯菌を弱らせる働きがあり、だ液量が多いほど、その力が高まります。
つまり人によってむし歯のなりやすさが違いますので、検査結果によってその人にあった予防方法を当院ではご提案しています。

お父さんお母さんによる仕上げみがき

ブラッシングは歯を守るためにもっとも大切なこと。とはいえ、小さいお子さんにとっては正しいブラッシングは簡単ではありません。自分でしっかりみがけるようになるまでは、お父さんやお母さんの「仕上げみがき」が欠かせません。
歯垢を効率的に落とすには、歯ブラシの毛先が歯に対して垂直に当たるようにするのが一番。「毛先はまっすぐ」立ててブラッシングしましょう。また、歯垢は少しこすったくらいでは落ちません。しっかりと落とすためには、1箇所につき5回くらいブラッシングするのがよいとされています。フロスを使用して、歯と歯の間もきれいにすることもポイントです。

お母さんからむし歯がうつることがあります

赤ちゃんは無菌状態で生まれてくるため、もともとはお口のなかにむし歯菌はいません。お子さんのお口にむし歯菌が侵入してしまう原因は、実は家族にあるケースがもっとも多いのです。特に生後19~31ヶ月の期間は、乳歯が生えそろってきてむし歯菌が感染しやすい期間として「window of infectivity(感染の窓)」とも呼ばれています。

食事でスプーンやコップなどを共有したり、キスをしたりすることでむし歯菌は感染してしまいますので注意が必要です。……とはいえ、話すときの唾液にも菌は含まれているため、これらを完全に防ぐことはほとんど不可能。となるとやはり大切なのは、お父さんお母さんのお口の中の感染症を一掃することです。

お子さんの歯の予防のことなら、宇都宮の「長歯科医院」へどうぞ
ご相談・お問い合わせは電話・FAXで受け付けております
TEL:028-624-3060 FAX:028-627-3854